タイトルロゴ
連絡先

| 生涯研修

生涯研修事業とは

『群馬県歯科技工士会では、歯科技工士一人ひとりが技術向上と学術研鑽を図るための機会を提供することを目的に、厚生労働省と日本歯科技工士会の後援を得て、1986年に群馬大学を会場にスタートした。

 全国でも歯科技工士会による、医療界初となる生涯研修制度を発足させました。以来、歯科技工に関する専門技術だけではなく、関係法令や経営管理等に関する教育知識にいたるまで、年2回以上の講座を群馬県内で開催しています。

 特に2010年からは、群馬県の委託事業として、歯科医療安全研修会を群馬県、群馬県歯科医師会、群馬県歯科衛生士会の協力を頂き開催しており、毎年多くの方が受講しています。』

生涯研修よくある質問Q&A(PDFファイル)

平成27年度 群馬県歯科医療安全研修会が開催されました

日時:平成28年2月21日(日)午前10時~午後4時
会場:群馬県生涯学習センター

演題:歯科医師の意識改革することが

   歯科業界・歯科技工士の生き残る近道

 ~患者満足度の高い歯科医療を目指して

   歯科技工士さんとの関わりを大切にすることが成功への秘訣~

講師:日本橋土屋歯科医院院長 土屋 公義先生

参加人数52名

会員以外からも多くの方に参加していただき、熱心に受講されていました

今回から歯科技工士会会員はバーコード受付が始まりました


■<参考>群馬県歯科医療安全参加申込書

群馬県歯科技工士会創立65周年公益社団法人移行特別講演会が開催されました

日時:平成27年8月23日(日) 10時~
会場:前橋テルサ

特別講演会
午前の部演題:スポーツ事故から大切な歯を守る~スポーツマウスガード~
      講師:吉村 考摂先生 日本歯科技工士会認定講師

午後の部講演:真の幸せは人生の後半にある<口元と体幹はつながっている>
      講師:宝田 恭子先生 宝田歯科医院院長

☆こちらの特別講演会の様子は
  『群技 活動報告』のページをご覧ください☆

平成26年度 群馬県歯科医療安全研修会が開催されました

日時:平成27年2月22日(日) 午後1時~午後4時30分
会場:群馬県歯科医師会館

1部演題:欠損歯列と欠損補綴
   講師:加藤歯科医院(横浜市開業) 加藤 賢祐先生

2部演題:歯科技工におけるトレーサビリティ確保の重要性
   講師:ビットラボ(群馬県歯科技工士会会員) 今井 俊介先生

参加人数48名
参加された方からは、分かりやすく為になる話が聞けたととても好評でした。

西村 好美先生による生涯研修(基本研修)が開催されました

日時:平成26年7月27日(日)9:50~16:30

会場:群馬県生涯学習センター

講師:有限会社デンタルクリエーションアート代表取締役 西村好美先生

演題:午前の部(教養課程)『歯科技工の潮流』
    午後の部(専門課程)『進化する歯科技工』

参加者は約45名で皆さん熱心に聞いておられました。

片野勝司先生、茂木博行先生、吉村考摂先生による生涯研修が開催されました

日時:平成26年3月30日(日)午前9:50~午後4:30
会場:群馬県生涯学習センター

講演1:スポーツ歯科って?~スポーツと歯科の関係~
講師 :群馬県ラグビーフットボール協会メディカル委員会 片野歯科医院 片野 勝司先生
講演2:マウスガード製作実演
講師 :(公社)群馬県歯科技工士会会員 茂木 博行先生、吉村 考摂先生

参加人数45名
受講者は講師の話に熱心に耳を傾け、皆様興味を持って講演を聞いておられました。

片野 勝司先生 茂木 博行先生 吉村 考摂先生マウスガード製作風景

1~5件目(最大7件)を表示

  • 1
  • 2