タイトルロゴ
連絡先

| 会の概要・定款

定款

公益社団法人群馬県歯科技工士会定款(PDFファイル:291KB)

規程

公益社団法人群馬県歯科技工士会規程(PDFファイル:308KB)

沿革

1948年 技工に従事する者達の集まりを創るために、有志による運動が始まる。
1949年 技工師により前橋歯科技工師親睦会が発足
1951年 伊勢崎技工師会が発足
1952年 『群馬県歯科技工士会』設立総会が開催され4月に本会設立
初代会長に高橋 元男氏が就任 会員数49名。
1954年 初代会長の高橋 元男氏が退任
2代目会長に土田 栄松氏が就任 会員数68名
1958年 2代目会長の土田 栄松氏が退任
3代目会長に金子 勇氏が就任 会員数110名
1963年 3代目会長の金子 勇氏が退任
4代目会長に丸山 俊太郎氏が就任 会員数118名
1967年 4代目会長の丸山 俊太郎氏が退任
5代目会長に岩井 五郎氏が就任 会員数120名
1970年 5代目会長の岩井 五郎氏が退任
6代目会長に小林 吾郎氏が就任 会員数134名
1972年 6代目会長の小林 吾郎氏が退任
7代目会長に森田 庄八氏が就任 会員数142名
1977年 7代目会長の森田 庄八氏が退任
8代目会長に久保田 定一氏が就任 会員数150名
1979年 8代目会長の久保田 定一氏が退任
9代目会長に石原 良一氏が就任 会員数174名
1980年 歯科技工士専門学校開設の動きに設立反対運動を展開
1983年 9代目会長の石原 良一氏が退任
10代目会長に三木 和夫氏が就任 会員数224名
歯科技工士専門学校開設の動きが廃案
1984年 再度歯科技工士専門学校開設問題が浮上
1985年 歯科技工士専門学校開設計画を断念
1986年 群馬県歯科技工士会主催の第1回生涯研修が始まる。
1987年 10代目会長の三木 和夫氏が退任
11代目会長に関口 雷次氏が就任 会員数259名
社団法人群馬県歯科技工士会設立発起人総会が開催された。
1988年 『社団法人群馬県歯科技工士会』設立
1990年 11代目会長の関口 雷次氏が退任
12代目会長に吉川 五郎氏が就任
1991年 第8回関等ブロック学術大会を群馬県前橋市で開催
社団法人群馬県歯科技工士会事務所を前橋市箱田町に構える。
1993年 群馬県歯科技工士会創立40周年記念行事『歯科技工フェア・93 INぐんま』開催
1994年 歯科関係団体と三者連絡協議会が始まる
1995年 12代目会長の吉川 五郎氏が退任
13代目会長に澁澤 一良氏が就任 会員数253名
1997年 社団法人群馬県歯科技工士会のロゴマークを作成
群馬県内の老人ホームで義歯ネーム入れ活動が始まる。
1999年 技工産業廃棄物処理問題で管理者研修会が開催
社団法群人馬県歯科技工士会のホームページが始まる。
2000年 『200万人のための いい歯・いい口・いい人生2000』のイベントが始まる
2001年 生涯研修の自由課程で時代のニーズに合わせIT研修会が開催
2002年 群馬県主催のイベント『健康フェステバル』に参加
2004年 社団法人群馬県歯科技工士会広報誌『群技かわら版』が始まる。
2005年 13代目会長の澁澤 一良氏が退任
14代目会長に金井 孝行氏が就任 会員数180名
2008年 日本歯科技工学会関東支部主催『第5回学術大会』を群馬、栃木の共同で開催
国による公益法人改革が始まる。
2009年 社団法人群馬県歯科技工士会事務所を前橋市江田町に移転
各支部の代表で法人改革委員会が始まる。
2010年 高校生を対象にマウスガード支援活動が始まる。
公益社団法人への移行説明会を会員向けに開催。
2011年 『群馬県歯科医療安全推進検討会』が県庁と歯科三団体により始まる。
2013年 群馬県総務部事法制課公益法事係より認定通知が届く。
還暦を迎え『公益社団法人群馬県歯科技工士会』へ移行